お知らせ

カメガヤ100周年記念ロゴ大賞作品発表

 

このたびは弊社ホームページ内にて募集しておりました100周年記念ロゴ作品募集につきまして多数のご応募まことに有難うございました。

3月13日に審査会が行われ、厳正なる審査の結果、下記作品が大賞、優秀賞に選ばれましたのでお知らせいたします。

各作品の利用方法、展開につきましては、随時ホームページ内でお知らせしていきます。

 

大賞 女子美術大学 田中綾乃様

【審査員コメント】

多摩美術大学 佐賀一郎先生

日本的描写のカメと100の造形の洗練されたイメージが、現代性と伝統性を、さらに清潔感をもって表現されています。あらゆる場面で100周年という記念すべき年を彩ってくれると思います。

女子美術大学 首藤圭介先生

古典的なカメの表現と現代的な100の表現がうまく組み合わさり、面白いデザインになっています。またメインにもサブにもなる汎用性の高さを感じます。

資生堂アート&ヘリテージマネジメント 山田尊康氏

100と人の縁を結ぶ水引をモチーフとしたデザインの完成度が抜群です。まただれもがおめでたい印象を持ち、伝統とモダンさを同時に感じられるものになっています。

 

 

優秀賞 多摩美術大学 齋藤葵様

 

【審査員コメント】

多摩美術大学 佐賀一郎先生

手のひらにおさまったカメの愛らしさとあたたかみは、お客様、関係者すべてにとってのカメガヤのありようを明確かつ印象深く表現しています。

女子美術大学 首藤圭介先生

コンセプトを手乗りのカメという表現であらわしている点が目をひきます。あたたかみのあるデザイン、トーンが非常に効いています。

資生堂アート&ヘリテージマネジメント 山田尊康氏

見る人を幸せにできるマーク。気取りのない親しみやすさが感じられ、お店のイメージと合致します。

 

優秀賞 多摩美術大学 猪山晃一様

 

【審査員コメント】

多摩美術大学 佐賀一郎先生

亀は万年という縁起の良いことわざをとりこんだアイデアとそれをカメのモチーフと合わせてシンメトリーに配置した本作品は、記念ロゴとしての話題を数多く提供できる力を持っています。

女子美術大学 首藤圭介先生

記念ロゴのコンセプトである「100」と「亀は万年」の組み合わせで、100th(00)と表現している点がユニーク。100を経てまた00に戻る(原点回帰)と読むこともでき、コンセプトの点では秀逸。

資生堂アート&ヘリテージマネジメント 山田尊康氏

これまでの歴史とこれからの未来を数字の部分だけでみごとに表現しています。オリジナリティあふれる発想力が感じられました。

 

 選考会の様子

左から首藤圭介先生、佐賀一郎先生、亀ヶ谷博之、山田尊康氏

 

4月7日に弊社にて表彰式が行われました。

 

  • 一覧